Find us on facebook

Fish 'n Fins - パラオ情報

パラオへのアクセス
コンチネンタル航空の子会社であるコンチネンタルミクロネシア航空がグアムから毎日、マニラから水曜日と金曜日の週2回定期便が運行しています。グアムまでは東京、札幌、仙台、名古屋、岡山、広島、福岡の各都市から定期便が運行しています。また、大阪から臨時便が出ている場合がございます。受託手荷物など詳しくはコンチネンタル航空のホームページでご確認ください。また、便利なJALのチャーター便が臨時で日本の各都市より直行便で運行しています。受託手荷物など詳しくはJALのホームページでご確認ください。その他に、台北からの直行便もございます。Ohoto by Manuel Lazcanoコンチネンタル航空のマニラ-パラオ間の航空券を$575でご購入いただけます。詳しくはお問い合わせください。航空券やホテルのご予約の前にダイビングの空き状況などについてお問い合わせいただくことお勧めしています。また、ご旅行に前には旅行保険のご加入をお勧めしています。

入国に関して
アメリカ国民はそれを証明する書類(出生証明書またはパスポート) が必要となります。その他の国はパスポートが必要となります。ビザなしで30日までの滞在が可能で、こちらで2回の更新ができ、最長90日までの滞在が可能です。

ご到着
パラオ国際空港まではツアー会社かホテルがお迎えに上がります。公共の交通機関や、タクシーはございませんので、事前にご確認ください。

出国税
パラオご出発時に、空港にて$20の出国税が必要となります。クレジットカードのご利用はできませんので現金で$20ご用意ください。Photography by Sammy

ホテルの予約
Fish 'n Finsを通してホテルをご予約いただくと、割引価格でご予約いただけます。よりお得なダイブ & ホテルパッケージプランのご用意もございます。パラオの宿泊施設は高級な本格派リゾートホテルからダイバー向けのリーズナブルなシティーホテル、団体や長期滞在に便利なホテル、日本人スタッフ在住のホテルなど、ご利用に応じてお選びいただけます。

服装
Tシャツに短パンなどの軽装をお持ちください。雨の日や夜など少し肌寒い時もございますので、上に羽織るものがあると便利です。またボートの上ではボートコートやウィンドブレーカーなどの雨よけになるものをお持ちください。陸では軽装で十分ですが、水着などビーチにいるときのような格好はご遠慮ください。また必要に応じて日焼け止め、帽子、サングラスのご準備もお忘れなく。

言葉
パラオ語が公用語ですが、英語も日常的に使われており英語での会話が可能です。また、日本時代からの名残でパラオ語の中には日本語がそのままパラオ語になったものも多く存在し、パラオのご老人の中にはとても流暢な日本語を話される方もいます。当ショップでは日本人スタッフが在住していますので言葉の心配はございません。

通貨
アメリカドルが使われています。クレジットカードも多くの店でご利用いただけます。(店によっては手数料が掛かることもございますので事前にお尋ねください。当ショップでは手数料はいただいておりません。)アメリカドルのトラベラーズチェックも多くの店でご利用いただけます。ハワイ銀行やグアム銀行には24時間使用可能なATMがございます。WCTCショッピングセンターの中にもATMがございます。ATMは$20単位で1回の上限が$200までのご利用となっています。途中のグアム空港やパラオの銀行でも両替はできますが、レートがよくないので日本でアメリカドルに両替されることをお勧めします。

電気
電圧は110Vで、日本と同じ平ピン2つ穴タイプです。日本の電化製品もご利用は可能です。ただ電圧が少し高いのと、電圧が不安定なため自己責任でご利用ください。また精密機器のご使用には変圧器をご利用ください。

健康
マラリアやその他の伝染病はございません。飲み水はパラオ パシフィック リゾート以外の水道水、生水はお飲みにならないようにお気をつけください。飲料水はスーパーなどでペットボトルの飲料水をお買い求めください。病院はコロールに国立病院と、私立のクリニックが2ヶ所ございます。国立病院には再圧チャンバーがございます。
Climate graph
時差
パラオは日本の真南に位置し、時差はございません。ただし途中のグアムでは日本より1時間早いので、グアムお乗り継ぎの際はお気をつけください。また、グアムで時計を1時間進められた方はパラオに着いたら元に戻しておいてください。

気候
年間を通して気候はほぼ同じです。平均気温27度、平均湿度82%、年間の降水量は約3,750mmです。7月から10月にかけて雨がよく降りますが、雨季と乾季のはっきりとした境目はありません。天気は晴れた日でもスコールがあり、変化するので予測しずらいですが、ダイビングには支障ございません。ダイビングを中止するような荒天になることはほとんどございません。

水温
平均水温は暖かく28度です。ダイビングの際は体を保護するために3mmのウェットスーツやロングジョン、スプリング、ラッシュガードなどの着用をお勧めしています。