Find us on facebook

Fish 'n Fins - 沈船探索 2012年

約60年前の太平洋戦争中、パラオは日本の主要基地でした。1944年3月30日と31日の2日間にわたり、アメリカ海軍の爆撃機と戦闘機が日本の艦隊を襲撃し、Photo by Sammy, Japanラグーン内外に60以上の船舶、航空機を沈めました。

今日、美しいラグーンと海洋生物で知られるパラオはまた、“ロックアイランドの失われた艦隊”が眠る場所でもあるのです。

2005年にFish 'n Finsの開催した沈船探索では“石廊”の調査が日本政府の関係者、当時の生存者である石川富松氏により行われました。“石廊”は全長143m、太平洋戦争中に艦隊の油槽艦として使われました。日本からはNHKの撮影チームが参加し、この特別なイベントの取材を行いました。

沈船探索はFish 'n Finsの毎年恒例の1週間にわたるスペシャルイベントで、1日3本のダイビングを5日間とセミナー、テックダイビングにも応じられます。ダイビングの合間とセミナー中に、太平洋戦争に関する珍しいドキュメンタリーもご覧いただきます。

期間中のオプション:ナイトロックス、トライミックス、ダブルタンク、追加ダイブ、ペリリュー島・アンガウル島へのランドツアー、各許可証



詳しくはお問い合わせください。
Fish 'n Fins/Ocean Hunter Palau
P.O. Box 142, Koror, Palau 96940
Tel: 680-488-2637 fax: 680-488-5418
Email: infojp@fishnfins.com (日本語)